JAL機内WIFIの接続画面が出ない?WIFIには接続してるのに!

ネット接続画面が出ない!?

「さあ、早速無料の機内WIFIに繋ごう!!」

JAL便が離陸して5分が経ちました。
早速WIFI接続をONにします。
WIFIのコネクションは確立できました。
ブラウザを立ち上げます。

あれ、JALの機内WIFIの接続初期画面が出てこない??

WIFIには完璧につながっているのに!!どうして???

対処方法を教えます!

解決方法はセキュリティの(s)が付いているhttps://ではなく、(s)の付いていない「http://」のサイトのアドレスをURL入力部分に入力すること。

では手順をご紹介します。

なぜ自動で機内WIFI接続画面が出ないの?

セキュリティサイト、httpの後ろに「s」の付いている「https://」からはJAL機内WIFIのWEB上の接続画面に自動で転送されずにエラーになります。

セキュリティ付きサイトURLではWEBにアクセスしようとしてグルグル回っている状態から進まない、読み込みが進まない状態になるのです。

こんな画面で止まってしまします。ブラウザは真っ白です。

セキュリティ対応httpsサイトにアクセスできない理由は?

ブラウザが機内WIFIを安全ではないネットワークと認識して、gogoサイトにリダイレクトされないのです。

JAL機内WIFIの接続用のページ「gogoサイト」は今もセキュリティの無い「http」だからと推定します。ちなみにアドレスは、http://gogoinflight.com/ です。*このURLはJAL機内外では無効なのでリンクは張ってません。

機内WIFI初期画面を出す方法は?

セキュリティの無い「http://」のサイトのアドレスを入力することで、機内WIFIの接続画面にリダイレクト(転送)されます。お気に入り内にあるセキュリティのかかっていないHTTPアドレスのリンクを選べばOKです。

http://testman.jp/ という感じのありえない架空のアドレスでもOK!

最近はサイトは基本的にセキュリティのかかっているHTTPSです。しかしtestman.jpと打ち込むと自動的にセキュリティの無いhttpと認識してくれます。一度でもアクセスに成功したサイトだとキャッシュが残っているためか上手くいかないことがあるので、ありえないサイトURLを入力すると確実です。

飛行機へ乗る前の準備

直接gogoflightのURLを入力するとうまくいくことも有るので、念の為にJALのリンクをお気に入りに入れておく、又はメモ帳などコピペの準備をしておきましょう。

準備しておくリンクのURLはこちら

http://gogoinflight.com/

機内WIFIの接続画面につながった後のURLはこちら。

http://airborne.gogoinflight.com/app/jal/ifc/#splash

注意:このリンクはJAL飛行機内以外ではGogo Inflight会社ページに移動するかアクセスエラーになります。

うまく接続できると無料インターネット接続を含んだJAL機内WIFIポータル画面が開きます。
「無料」ボタンをクリックすればインターネットに接続できます。

おわりに

JALの機内WIFIの接続ページに繋げない時はセキュリティ無しのhttp://サイト名を打ち込めばアクセスできます。testman.comなどのありえないアドレスを打ち込めばOKです。

街の無料WIFIでも同様

このテクニックは一般の無料WIFIで接続時にwebアクセス画面に行く必要があるものは同様に使えます。無料WIFI接続画面はセキュリティのないHTTPが多いのでセキュリティサイトからアクセスすると同様にエラーになるからです。

それでは、快適にJAL飛行機内WIFI楽しんでください♫

JAL国内線の機内WIFI接続の体感速度についての記事はこちらにも書いてますので宜しければどうぞ!→JAL国内線の機内WIFIは快適にYouTubeを鑑賞できます。