【フランス】押しボタン信号機が分かりにくい!

フランスで歩行者信号機、
いつまでもなら押しボタンを探す

フランスの押しボタン信号は判別がつきにくい。
海外からの旅行者だけでなく
フランス人とみられる方もずーーと待っていたりします。

 

フランスの押しボタン式信号

信号機の柱の下の方に小さくボタンがあります。
フランス語だからというだけでなく、
歩行者用の信号表示部近くに

「押しボタン式」との表記がないので気が付きにくいです。

昼間でも押しボタンを押さないといけません。
日本のように昼は自動で夜は押しボタン式になるという
高機能なものは私は見たことがありません。

写真のように反対側に人がいなくて
じっと赤信号を見ていると押しボタン式かわかりにくいのです。

信号機の下を見ると小さな押し釦がとっても分かりにくくついています。
信号の表示だけを凝視していると気が付きません。

フランスの押しボタン信号の動き

真っ黒なボティに赤いボタン。

非常用のボタンにしか見えないフランスの押しボタン式信号のボタンです。
押して見ると

APPEL PRIS EN COMPTE(押したこと確認しました!)

とメッセージが光ります!
少し待つと歩行者信号が無事に青に変わりました。

フランスの押し釦信号『まとめ』

フランスで歩行者信号があまりにも長い時間変わらないときは
押しボタンがないか探してください。

 

(追記)フランスの車用の信号

ちなみに、自動車用の信号機もとても判別がつきにくい小さなものが多い!

停止線が横断歩道の手前に惹かれていないことも多く、
最前列で停車するときは止まる場所に迷います。

「小さな信号機の下にある信号の位置でとまる」

で良いのですが、
初めてのフランスドライブの時は悩みます。

信号機が街の中で主張して景観を損なうことを嫌っているからでしょう。

【罰金5,000円】南仏ニースのトラムとバスの乗り方、チケットに打刻が必須【40ユーロ】

2016年7月4日