フランスと日本の小学校の学年の比較。子供は何年生?

フランスは1月を基準に学年が変わります!

フランスの小学校で分かりくい学年の切り替わり時期をまとめました。

年度の始まる9月の誕生日が基準ではなく、生まれたカレンダー年度(数え年)が基準です。

フランスの小学校の基本情報

制度:義務教育
入学時期:7歳になる暦年(数え年)
始業:9月の第一週
学年:5年間(中学が4年、日本の6年生はフランスの中学生)

呼び方 学年正式名称 年齢(数え年)
CP(セーペー) Cours préparatoire 7歳
CE1(セーウーアン) Cours élémentaire première année 8歳
CE2(セーウードゥ) Cours élémentaire deuxième année 9歳
CM1(セーウーアン) Cours moyen première année 10歳
CM2(セーウードゥ) Cours moyen deuxième année 11歳
6e(シージエーム) Sixième *中学校 12歳

 

フランスと日本の小学校の学年比較

日本の小学生がフランスに転校した場合の年度の比較表です。

暦年(数え年)を基準にするため4月から12月生まれは上の学年、1月から3月生まれは下の学年になります。

小学校1年生で、7月まで日本の小学校9月からフランスの学校に行く場合。
4月から12月まで生れは2年生にあたるCE1に転校、
翌年の1月から3月生まれは1年生に当たるCPへ転校。

フランスでは飛び級や留年が小学生から普通にありますので、融通がききます。
入学・転校の際にフランスの小学校に相談すればどちらでも入れます。

フランス語の授業なので最初は下のクラスに入ることがおすすめです。
フランス滞在が長くなった場合慣れてから飛び級すればよいでしょう。

 

おわりに

フランスと日本では学校の開始時期だけではなく、年度の切り分けの時期も考え方が異なりました。

ご子息がフランスの小学校に通うことになったあなたの役に立てば幸いです。

フランスの小学校は日本の5年生まで。中学校は日本の6年生から中学3年までの4年間。