フランスの小学校の通学、登下校は親が付き添うのでとっても安全!学校も塀で囲まれていて安心。

フランスで息子が小学校に通っています。

通学も学校の設備見、日本と比較してとても安全に感じます。

日本で小学生低学年くらいの小さな子供が一人でランドセルを背負って歩いているのをみると心臓がドキドキするくらい不安を感じます。

フランスの登下校は保護者の負担が大きいですが、会社でも調整してくれます。
子供と過ごす時間が増えて良い仕組みだと思います。

小学校登下校は保護者の付き添いが必須!

小学校の登下校は一定の年齢まで親もしくは保護者の付き添いが必須です。小学校3年生くらいまでは絶対に付き添い、高学年でも多くの子供が親と一緒に通学します。

そして小学校は外部から入れないように校門のセキュリティが厳しく、子供の安全には最善のシステムです。

 

フランスの小学校の登下校を見てみましょう

フランスの登校

保護者と一緒に登校します。小学校の入り口に警備の女性がいて、子供が学校の中に入ったことを確認して保護者は帰ります。門の外側にも常に、バイクや車が通らないように見張る男性の警備(ボランティア?)の方がいます。

門が開いているのは8:20〜8:30の10分間だけ。時間が過ぎると門は鍵でしっかりと閉められます。遅刻者は正門に周り、呼び鈴を押して遅刻の理由(正当な)を説明し、中に入らなければいけません。

学校全体が、日本の小学校の門や壁のように低いものではなく高い金属枠で囲われています。壁の上部は侵入防止のために外側に向かって尖った状態です。日本の小学校のように登って侵入は不可能、、(笑)!

子供だけで通学するには学校に申請しなくてはいけません。小学四年生ぐらいから子供だけで通わせることも可能ですが、ほとんどの子供は保護者と一緒に通学します。

 

警備の方が監視しています。日本で小学校の通学時間に信号や横断歩道で旗を持っているボランティアの方と同じ感じでしょうか?

学校は高い柵の塀に囲まれています。柵の上には軍事基地のような侵入返しがついています。外部からは簡単には入れません。

日本の小学校のように大人であれば簡単に超えることのできる塀とは大違いですね。

フランスの下校

下校時間の3:45が近づくとの校門の前は保護者でいっぱいになります。5学年分の親が待っているためです。子供は学校内から外にいる保護者を探し、セキュリティ担当者が保護者を確認しなければと、子供は門から出られません。門を境に、子供と保護者がお互いを見つけ合います。皆お迎えがとても嬉しい様、満面の笑みです❤

 

下校風景はこんな感じです。

 

日本とフランスを比較すると・・・

フランスは安全

子供の安全にはフランスの小学校の通学システムは日本と比較し勝っていると思いませんか?私は安全面に関し、このシステムは素晴らしいと感じており、大賛成です。これ以外は考えられません。

日本では小学生を狙う物騒な犯罪が度々起こりますが、子供だけで登下校させる方法は変わっていません。日本の小学校の通学路では、ボランティアの保護者や地域の方が見張りをしてくれるところもありますが、学校付近がメインで全ての通学路をカバーするのは難しいでしょう。

しかしながら、保護者の負担は大きいと思います。朝の8時に登校させて、午後の3時半にはお迎えです。昼食を家で食べる子供は、加えて11時半にお迎えと13時半に送り届けもあります。自分や近親者が送迎出来ない時は、ベビーシッターを頼まなくてはなりません。

しかし、働きながら送り迎えをすることは日本とは比較にならないほど容易です。子供の送り迎えは義務なので、勤務先でも送迎に関して理解が有るからです。共働きの家庭が多く都合のつきやすい方が送迎をしている様ですが、かなりパパ率高し、といった感じがあります。

まとめ

ニースの小学校の登下校についてイメージ頂けましたでしょうか?

日本と比較して、単純に工数だけ考えると登下校時の親の負担は大きいですが、安全面では安心できるシステムです!

フランスと日本の小学校の学年の比較。子供は何年生?

ブログランキングに参加しています⭐️
お手数ですがクリックして戴けると嬉しいです❗️

フランスランキング