イスラム圏ドバイで合法的にリーズナブルなビールを買う方法!高価で飲めんと諦めてたが街の酒屋MMIで普通の値段でした。

アラブ首長国連邦のドバイはイスラム教の国なのでアルコールは法律で禁止です。

ただし、ドバイは海外からのビジネスや投資、そして観光に力を入れており、サウジアラビアのように完全にアルコールが無い世界ではなく、

外国人対象のエリアであるホテル内のレストランやバーでは免許制でアルコールの販売が許可されています。

でも、ホテルのアルコールは高い!

ビールが1杯2000円とか、禁酒したくなるお高さ、
酔いたければ税金をしっかり収めるようにとのことですね。

でも、旅の中で日本と変わらないお値段で購入できる場所を見つけたので、今回はご紹介します。

※説明はいらないからドバイでビールが飲みたい、 そんなあなたはMapアプリで「dubai mmi」で検索

ドバイでビールを見つけたきっかけ

ドバイはビールが高価で、ホテルで目が飛び出る値段なのでドバイに着いてからは禁酒していたのですが、

実は隠れたお店でビールは買えました。

隠れたお酒を販売するお店がある事はドバイ情報を検索していて知っていたのですが、価格は高くて店舗数は限られてるだろうなと思い込み深堀りしてませんでした。

ある日、ホテルではなくAirbibに泊まることにして約束の時間にエアビに行くと、部屋に大量のコロナビールの空き瓶が!

部屋が清掃されていないは大問題ですが、それ以前にアルコールが大量にお安めのエアビで消費されていた事に驚き!

掃除の人に話を聞くと、昨日はフィリピンのグループに貸していたので、アルコールパーティーしていたのだろうとの事。

ドバイでアルコールを買える店を教えてもらう

出稼ぎで来ている人がアルコール飲んでるんだと知り、

もしかして、安く販売しているお店があるのかも?と想像します。

掃除の方に聞くと、M何とかというお店と教えてくれ、電話注文すればデリバリーしてくれるお店があるとのこと。

電話で注文は面倒だなあ、と感じつつ教えられたMMIを検索すると、

大量に店舗が表示されました!

街を歩いていて全く気が付かなかったのが不思議なくらいに沢山のお店あり(理由は後でわかりました)。

さっそく、現地調査!と行動しようとしますが、

昼に買いに行くのも何だなと、夜になってからにすることに。

ドバイでビールをお安く入手できた

夜になったので検索で見つけたお店に買い出しにでかけます。

以前に寄ったスーパーマーケットの隣に普通にお酒のお店がありました。

ただし、入り口は見えにくく、中が全く見えないドアと壁です。

日本で例で言うならば、18禁の何かを販売しているお店か、何かの倉庫ショップ。

これでは、お店の中身を知らずにドアを開けるのは無理だなというつくりです。

なぜに、前を通っていたのに気が付かなかったのか理解できました。

こちらの、緑色の看板がスーパーマーケット、中程の赤いmmiが酒屋です。

近づいてみると、中が全く見えないコンクリ壁の建物であることがわかります。

今回は、中身を知っているのでドアを開けると、

大量のお酒が陳列されていました!

 

ビールのお値段はこちら。

オランダのハイネケンが 7ディラハム(AED) (約250円)

ベルギービール系のブルームーンが 11ディラハム (約 400円)

そしてフィリピンの方が箱買いパーティーしていたコロナは 14ディラハム (約500 円)

24本の箱買いすると 224ディラハム(約8000円 なので 1本は 約333円)

日本のスーパーと変わらないお値段なので、日常の物価が1.3倍(私の体感)くらいに感じるドバイではお安く感じます。

ドバイでビールの購入にはパスポートの登録が必要

ビールを2本持って長蛇の列に並びます。

レジカウンターの屈強なスタッフさんたちはサクサクとさばいていきますが、夜だからかお客さんはひっきりなし。

私の番が来てビールを出すと、登録してあるか?との質問

初めてだと答えると、パスポートを出すように言われ、パスポートをレジ内のコンピューターで登録されました。

ビール購入だけでも身分証明書の登録が必要なのです。

ドバイで酒屋に行くときはパスポートを持っていかないと買えません。

おわりに

ビールを購入してエアビに戻り、シュポンと開けます

久しぶりのビールは体にしみて美味しいー。

アルコール成分もしっかり入っていました。

ちなみに、ワインやウィスキーも販売されており、ちらっと見た感じでは価格はリーズナブルでした。

ドバイではレストランでビール1杯2000円のネタが有名すぎますが、

普通に街の酒屋に行けば日本と変わらない価格でビールが買えることは知っておいて損はないですね。

ちなみに、お酒を透明のビニール袋で他人が見えるように持ち歩くのは禁止ですし、

飲めるのはエアビやホテルなどの部屋だけで、公園やビーチで飲むのも禁止です。

ご注意ください。



les categories (記事のカテゴリー)