【第1回】フランス語のスラング一覧【7選】フランスで学校に通う?仕事する?【必須!】

フランス語の小学生のスラングを知って、
コミュニケーションレベルをアップ!

日本でもそうですが、
会話の中では
国語や日本語学校で学ばない
略語やスラングがたくさん出てきます。

フランスで学校に通う方、
フランスで業務するはスラングを知りましょう。

会話の中でよく使われるスラングを知っていると
会話がわかりやすくなりコミュニケーションが円滑になります。

今回は小学校に行くまでには知っておきたい言葉です!

 

フランス語で覚えたいスラング【7選】

1.mec メック

あいつやあの男という感じです。
homme(オム)が正式なフランス語。

C’est ce mec qui fait bêtise!(セスメックキフェベティーズ)
あいつ、バカなことしてるよ!

2.merde メルドゥ

チクショウという表現。
フランス語で「うんこ」という意味
英語の「シット!(shit)」に近い表現でとても悪い表現。
フランス語のGros Mot(グロ・モ:ひどい言葉)です。

Merde!! (メルデュ)
くそったれ!!

3.impec アンペック

正式にはimpeccable(アンペカーブル)です。
「素晴らしい」という意味で使います。

C’est impec! (セッタンペック)
すげえ!

4.à Plus アプリュス

別れるときに使います。
à bientôt を砕いて言っている感じです。

A plus! (アプリュス)
また!

5.pipi ピピ、caca カカ

pipiはおしっこで正式にはurine(ウリネ)、
cacaはうんちで正式にはfeces(フェス)、
病院ではurine, fecesを使いましょう。

Je fais pipi. (ジュフェピピ)
おしっこ!

6.dingue ダング

頭おかしい。クレイジー。という意味です。

c’est dingue (セダング)
クレイジー!

7.con コン

conは性器を表す言葉です。
バカという意味で使います。

絶対に使わないほうが良いです。
しかし誰かに言われたら怒って良し!

T’es con! (テ、コン)
お前バカすぎ!

息子は小学校でスラングをどんどん吸収!

汚い言葉を小学生の息子は毎日覚えてきます。
言葉の意味だけでなく感情も含めて学びます。

Va te faire chier!
どっかいけ!
直訳「うんこにでもいけ」

T’as fume de la chicha ou quoi!
頭狂ってる?
直訳「なんかやばい薬でもやってんの」

oku
こういう言葉は言われたら怒って良し!

フランスのスラング『おわりに』

スラングは汚い言葉ですが、
知っておくとコミュニケーションが分かりやすくなります。

学校や仕事はある意味戦いですから(笑)、
戦うために有名なスラングは覚えていきましょう。

スラング7選の第2回もよろしければどうぞ↓↓↓

【第2回】フランス語のスラング【7選】を覚えれば留学が楽しくなる!

2019年10月12日

【第3回】フランス語のSNS用の短縮語!覚えるとチャットがより楽しい

2020年5月13日