消せるボールペンのフリクションをフランスの小学生は使う。

フランスでも消せるボールペンのフリクションが人気!
スーパーの子ども用の文具売り場にズラッと並んでいます。

小学校のノートはボールペンで書くのです。

フランスでは文字を書く時はボールペン、
鉛筆は絵や図を描く時に使うもの。

『注記』

担任の先生によって、
消すことのできるフリクションペンか、
消すことのできない通常のペンの指定が異なります。

学期前の『準備リスト』でよく確認してください!

 

 

フランス語はペンで書く文化

そもそもはフランス語は万年筆で書く文字です。
万年筆は、鳥の羽ペンの進化系。
インクを使って書くもの。

日本語はもともとは墨で書くもの
墨汁もインクの仲間、
炭とニカワでできていて、
一度書くと消せません。

では鉛筆は?
鉛筆は、漢字のとおり鉛(なまり)からできています。
鉛はゴムに吸着させて消すことができます。

フリクションは、
ペンと鉛筆の中間の存在ですね。

フランスの小学校でもフリクション

フランスの小学校の学期開始前に
準備リストの連絡が来ます。

準備リストに従い、
ノート、クリアファイル、ボールペンと揃えます。

8月にはスーパーマーケットの文具売り場には
学校準備用のコーナーができ、
ノートをまとめたセットなどが並べられます。

リストを見て驚いたのが
消せるボールペン指定が有ったのです。

消せるボールペンはフランスの小学校でも役立つよう。

確かに、
ボールペンのように書けて、
間違えたら消すことができるのはとても便利。

PILOTのFrixionペン
フランスのスーパーでも売っている意味が分かりました。

価格は、フランスのFrixionペンは日本の倍くらいします。
なので、日本に行く機会にはまとめて購入するとお得。

ボールペン文化の中では
Frixionはとても助けられていると想像できます。
小学生が間違えずに書くことは難しいですから。

フリクションを使うことでノートがきれいになります。

フランスのフリクションFrixionの宣伝

PILOTのフランスのコマーシャル(PUB)をYoutube動画でも見つけました。
書き直せる(Recommencer)できるが大事

 

フランスの小学校はボールペン文化

わが息子は漢字を書くときもボールペンのほうが書きやすいようです。

日本でも大人になると
鉛筆を文字を書く時に使わなくなるので先取りですね。

フランスと日本の中学校の教科の比較をしてみました!こんなに違いが!

2019年5月12日

フランスの小学校は何歳から?日本と違う!12月生まれの子供は何年生に転校?

2018年12月29日

フランスの学校に関する記事一覧はこちら!