フランスの妖怪ウォッチカードはキャラの名前がフランス語に変換されている!

妖怪ウォッチ・イン・フランス !

フランスでも2016年秋頃から妖怪ウォッチが発売されました。
妖怪ウォッチのフランスでの人気は最初はとてつもなく、
一年後には落ち着きました。

 

フランス語で『妖怪ウォッチ』は何と呼ぶ?

フランス語で妖怪は直訳するとfantom(ファントム)です。
オペラ座の怪人はle fantome de l’opera(ル・ファントム・ドゥ・ロペラ)
おばけ全般をfantomと呼びます。

妖怪もおばけの1つと考えると、
妖怪ウォッチ=le montre du fantom になりそうです。
le montre(ル・モントル)=時計

結論は!

『Yo-Kai Watch』 とそのまま

フランス語の読み方は、よーかい、と平坦でなく、
ヨッカッイという感じで。
だからYoとKaiの間にハイフンがついているのですね。

動画の中でもYo-Kaiです。

フランスでの妖怪ウォッチの人気の移り変わり

2016年の妖怪ウォッチ in France

妖怪ウォッチはおもちゃ屋さんでは本当に大々的に宣伝されていて、
入り口の近くの一番良い場所に
妖怪ウォッチ、メダル、カード、フィギアが並んでいます!

テレビでも妖怪ウォッチの放送が始まりました!

2017年夏の妖怪ウォッチ in Fracne

ニースエトワール(ショッピングモール)の大通りに面したショーケースに妖怪ウォッチのポスターは貼ってありますが・・・
おもちゃ屋さんの中では妖怪ウォッチグッズは奥の方の移動していました。

oku
妖怪ウォッチ人気は落ち着いたよう。

日本人として、フランスの妖怪ウォッチの人気を少しでも取り戻すべく、
カードパック(3.5ユーロ)を購入してみました。

妖怪ウォッチのカードパックからフランス語の妖怪名

フランスの妖怪ウォッチのカードパックは10枚入り。
40枚入りのスターターパックも販売していました。

パッケージはゴツゴツしたしっかりした紙のパッケージ。
ボール紙と呼んでいいくらいのしっかりしたパッケージ。
日本のメタル系の薄いパッケージとは異なります。

フランスの子供は小さい袋は好きではないのかも?

フランスの妖怪ウォッチのパックを開いてみた

10枚のカードがはこれです↓↓↓

ジバニャン以外は名前がフランス語に変換されています。

ではフランス語名と日本語名を比較リストにして見ます。

FURANSUGO(フランス語の読み)= 日本での妖怪名

Français(フランス語の読み方)日本語 (Japonais)
JIBANYAN(ジバニャン)ジバニャン
CLAQUILLE(クラキーユ)ムダヅカイ
CHAUV’COUCOU(ショブクークー)ヤドコウモリ
VIPERALE(ヴィペラール)バンパイアという意味(どの妖怪だろう?)
KAPUNKI(カプンキ)カブキザル
ANGELIK(アンジェリック)ユキオンナ
SCARNAGE(スクラナージュ)クワノダイショウ
PANNE(パン)故障という意味(どの妖怪だろう?)
ENTHOSIASME DE L’OURS(アントジアズムドゥロルス)熊の元気さという意味(どの妖怪だろう)
WAKAPOEIRA(ワカポエイラ)ワカメクン

 

フランスの妖怪ウォッチカード『おわりに』

フランスでも妖怪ウォッチは人気です。

妖怪の名前は、ジバニャン意外はフランスの子供がわかり易い名前に変わっていましたが、
Yo-Kaiと日本語のままで使うところなど、
フランスのマンガ文化は日本語を日本語のまま使うことも多い。
日本のアニメが世界の中でもフランスでは特に好まれていることがよくわかります。
FNACなど大型の本屋さんにもフランス語訳した日本の漫画がズラッと並んでいます。

妖怪ウォッチがフランスでさらなる発展遂げること期待してます!

【第1回】フランス語のスラング一覧【7選】フランスで学校に通う?仕事する?【必須!】

2019年10月11日

フランスの小学校は何歳から?日本と違う!12月生まれの子供は何年生に転校?

2018年12月29日