ANA国際線の機内WIFIは可ANA-WIFI【2】!急ぎの仕事には活用できます。

ANAの国際線の機内WIFIは使用可レベルでした!

ANA WIFI2は価値のあるWIFIです。
ヨーロッパ線の長距離飛行時間を有効に使えます。

*2019年2月のミュンヘン→羽田線。
*2020年1月のロンドン→羽田線

 

ANA国際線の機内WIFIとは?

国際線で有料で使える飛行機内WIFIです。

2種類の機内WIFIが有ります。
今回使用したのはANA WIFI2です。【2】が後ろについてます。

ANA【国際線】飛行機内WIFIには2種類ある。データ無制限と制限有り。

ANA国際線の機内WIFIの使用感

実際にANA WIFI【2】を機内で使用した感想です。

ミュンヘン→羽田(2019年2月)

Gmailもネット検索も使えます。
Webの表示スピードは遅いですが飛行機内のWIFIと考えると許容範囲です。

LINE、インスタ、Twitter、iMessageなどのSNSはメッセージだけでなく写真も送れました。

スカイプとFacetime通話は声だけ話せる時もありましたが殆ど不可能です。

Youtubeは苦しく、見られません。

ネットスピードは2メガは出ていました。

 

ロンドン→羽田(2020年1月)

LHRからHNDまでANA212便に乗りました。
次の日の業務のため日本時間に合わせて乗り込んですぐに眠り
早めに起きて仕事することにしました。
日本到着3.5時間前からの使用。
ロシア東部上空から東北上空あたりです。

今回は3時間のプラン、16.95USD (約 1,860円)

ネットのスピードが計測でき無いくらい遅いです。
メールは読み込みますが遅い。
軽いインターネット速度計測 fast.com でも測定できません。

インターネットへの接続も切れていると表示されます。
実際にはメールはダウンロードできているので、
とてつもなく遅いスピードではつながっています。

メールは読めたので仕事をはじめます。
メールのエクセルの添付も確認OK。
返信を書いて、送信を。
ゆっくりゆっくりですが送信できました。

では、機内WIFIのチェックを。

Google検索はできました。
しかし、リンクをクリックしてもサイトに移行できません。
軽い文字がメインのサイトなら読めます。

ヤフーのポータル画面は出ます。
サムネイルがゆっくりと一つづつ出てくるので
ネットのスピードの遅さが分かります。

Facebookメッセンジャー(iPhone)
受信も送信もOKです。

Youtube(PCとiPhone)
どちらも使えません。
サムネイルの表示もされません。

Skype、Facetime
今回はテストせず。
飛行機内が真っ暗で、睡眠モードだったためやめておきました。
最近は飛行機会社よっては、機内で通話系のアプリを使うことを明確に禁止しています。
ANA WIFI2には未だ記載ないですが、近いうちに追加されるでしょう。
またはアクセスをブロックされると思います。

当然ではあると思います。
飛行機内で電話をしているようなものですから。
航空会社ラウンジのように電話ブースができてくれること期待。

 

日本まで1時間になったころに再度ネットスピードを測定
今回は計測できましたが24kbpsと激遅です。
容量上限まで使用してネットスピードを速度制限されたスマホの128kbpsより遅いです。

【今回のまとめ】
ロンドンから日本に行くB777-300機体のANA-WIFI2 (【2】です)
メール仕事をするには十分に使えました。
SNSも可能、写真も送れます。

しかし、写真の多いサイトは厳しく、動画は無理でした。

私は日本との急ぎのメールに対応するために1,800円の価値は有りましたが、
急ぎがなければ機内エンターテイメントを楽しむほうが価値ありますw

 

おわりに

ANA WIFIは国際線では機内WIFIは使えます。

もちろん一般のネット価格より非常に割高ですが
飛行機内でも仕事の作業を勧めたいあなたにはおすすめです。

急ぎの用件がないのであれば、
たまにしか無いオフラインを楽しんだほうが良いです(笑)