シーズキャンディの種類にシュガーフリー追加!カロリーは20%オフ!

アメリカの美味しいSee’s(キャンディ)

oku
アメリカに行くと絶対に購入したいお土産。

買うものは決まって

ピーナッツブリットル
Peanut Brittle

砂糖を溶かしたキャラメルとピーナッツ
絶妙に加えられた塩分のハーモニーが、
いくつ食べても
次々と食べたくなる魅惑の味!

今回のアメリカ旅行で、
砂糖なしの
Sugar-Freeバージョン(砂糖なし)
が新しく種類に加わっていたので、
早速、比較リポートします!

 

シーズキャンディ・ピーナツブリットル【シュガーフリー】の数値比較

何がSugar-Freeなの?
か比較してみました。

では比較表をどうぞ。

 シュガーフリーオリジナル  
カロリー
calories
120150
全炭水化物
Total Carbonhydrate
15g14g
- 食物繊維
dietary fiber
1g1g
- 砂糖
sugar
0g10g
- アルコール糖
sugar alcohl
9g0g
全脂質
total fat
10g10g
- 飽和脂肪酸
saturated fat
4g4g
-トランス脂肪酸
trans fat
0g0g
コレステロール
colesterol
15mg15mg
ナトリウム
sodium
170mg180mg

シュガーフリーは砂糖が糖アルコールに変わっています。

アメリカ表記のSugar Alchol(糖アルコール)とは、
日本の表記ではソルビトール、キシリトール、エリスリトールなどのことです。

どの種類が入っているかは分かりませんが
糖質の腸での吸収を減らせます。

脂肪分の量は変わりません

パッケージをよく見ると

カロリーの低い食べ物ではありません

と小さく注意書きが。

全体のカロリーは
シュガーフリーが120、オリジナルは150、
カロリー量としてはシュガーフリーは20%の減少ですが、

カロリーは120あります!

加えて小さな違いですが、

ナトリウム(塩の成分)が10mg減っています。

ピリッとした塩分が
ピーナツブリットルの旨味を作り出していますが、
砂糖でなく糖アルコールだと
少なめで似た味を作れるのですね。

ピーナツブリットル【シュガーフリー】を実食比較

味は、オリジナルもシュガーフリーも
どちらも勿論美味しい!

違いは、シュガーフリーは、よりベトッとした食感。
少し溶けている蜜という感じです。

写真の左側がシュガーフリー、右側がオリジナル。

実食比較した感想としては、

シーズのピーナツブリットルは食感が重要なので、
絶対に砂糖なし!との要望がなければ、
オリジナルをおすすめします。

酒がフリーは食感が、
うーーん。蜜っぽい。

シャンパンには砂糖が添加されてる?混ぜ物無し(sans dosage)の味比べ。

2019年12月20日

フランスの美味しいチョコレート!”LAC”は南仏ニースのショコラ!

2017年3月25日