2018年からもっとヴァイオリン頑張るぞ!

昨年2017年は、夏休みに左手首を骨折したこともあり、
息子は全般的に準備が出来ず。

2018年4月にGeneveで行われる
Menuhin competitionの出場には力量がおよびませんでした。

申込期限の10月まで、
ギプスが取れてからは出来るだけ練習をしたのですが・・・

でも、ヴァイオリンのコンクールは、

沢山あるから、まいっか!ということで。

私は漫然と練習したりコンセルヴァトワールの発表会だけでは、
向上心を刺激するのに物足り無さを感じるので、

居住地から地の利の良いところを探してコンクールに出来るだけ参加しましょ!

という方針です。

competition, コンクールに出ることによって、
ものすごく得るものがあることを、
昨年5月にベルギーのコンクールに初めて参加してみて感じました。

我が子はシャイであるもののかなり負けず嫌い。
そして、野心(?)というか、新しいことに挑戦することを、
エンジョイ出来る方なので、挑戦することを楽しんでいます!

そんなわけで、

デュッセルドルフ・ヴァイオリンコンクール2018に参加することにしました。

デュッセルドルフの第一次予選の申請はYouTube

年齢枠から、2018年4月21・22日に行われるviolin juniorのコンクールです。

第一次予選は、3月21日締め切り、

自由曲を30分以内でYouTubeに載せて申請します。

3月21日締め切りのデュッセルドルフのコンクールの情報はこちらからどうぞ。

https://www.rubinstein-akademie.de/en/cmp/5015/

締め切り1ヶ月以上前ですと申請費が20€安くなる特典があります。
とはいえピアニストの先生の御都合もありYouTube用録画は2月24日になりました。

この時期、エコールの2週間のヴァカンスが始まる前は
例年息子は体調を崩しやすいのです。
今年も例年にもれず、喉痛から始まって、咳が・・・

あと2日でなんとかしないと撮影に支障があーーー。

YouTubeに登録する4曲

最大30分の演奏は4曲で構成することに先生と調整しました。

曲目は以下です。

  1.  7eme concerto / Charles de BERIOT
  2.  Danse Romaine / Bela BARTOK
  3.  Cantabille / Paganini
  4.  Souvenir de Amerique / VIEUXTEMPS

あと1日練習を頑張って、土曜日の録画に挑みます。

おわりに

デュッセルドルフの予選は無事に通過できました。

コンクールは無事に終了しました。

残念ながら賞は取れませんでしたが息子にとって良い経験になりました。

ヴァイオリンコンクール 2018 in カンヌ

念願のリファカラットレイ , 2日目で効果?顔の輪郭に変化が!(ReFa)