ANAスーパーフライヤーズカードは小さい子供との長距離旅行でラウンジを使う時にこそ活躍!

ANAスーパーフライヤーズを10年以上持ってます。

子供と一緒に旅行するようになってから、本当に役にたつなあと感謝してます。

では、スーパーフライヤーズでのラウンジ経験を紹介します。

長距離移動を快適にするにはスーパーフライヤーズ取得

20歳になって初めて1人で海外旅行に行く様になり何とか長距離移動を快適に出来ないものかと考えるようになりました。ビジネスクラスなら少しは快適な移動になるけれど、頻繁に使えないし、フルフラットで横になれるからといって、機内で簡単に眠れるわけでもなく。

しかも!国際線は出発3時間前に空港に到着していないといけないですよね。当時(20年前)は成田空港が主要国際空港だったのですが、空港に行くだけで既に疲れちゃう。空港内でゆっくりするところもないし、自分1人だけでも大変、何か対策はないものかと思っていたものでした。

スーパーフライヤーズカードを取得する

当時会社員だった私は出張の多い先輩からスーパーフライヤーズカードの便利さについて教えていただきました。

スーパーフライヤーズを持っているとビジネスクラスに乗るとアクセス出来る空港ラウンジで、搭乗する前の時間を有意義に過ごすことができるのです。

このカードを取得するために、エコノミークラスでもステイタスの為にポイントを確保出来る割高なチケットを購入し、1年間でヨーロッパを6往復。晴れてスーパーフライヤーズカードを手に入れることができました。

楽の一言につきるラウンジ

スーパーフライヤーズカードを手に入れたので空港ではスターアライアンス系のラウンジが使えるようになりました。

私はかなり荷物が多いのですが、加えて空港でお土産やら本やらを購入するとさらに増える。

ラウンジの何が嬉しいかというと、ラウンジに行けば荷物をどさっと置いてゆっくりトイレに行けるのです。

公共の場であることには変わりはないのですが、限られた人達だけがアクセスできるので、やはりラウンジの外の様にスリに気をつけるほどでもなく、超貴重品だけを持ってトイレに行けるので肩凝りを防げます。

子供を連れているときにラウンジは助かる。

ラウンジは子連れに優しい環境。

今となっては大きな空港ならどこでもオムツ替えの台がありますが、私の子供が小さいうちは子供用のオムツ替えスペースを設けているところは国によってまちまちでした。

ラウンジでは必ずゆっくりとオムツ替えを出来ました。各ラウンジのバスルームは大抵清潔が保たれ備品も管理されているので、オムツ替えの都度恐る恐るトイレに行く必要がなくなりました。

子供が少し大きくなるとラウンジで過ごすのはスペースが区切られているため目が届きやすく、ゆったりと搭乗を待つことが出来ます。

ラウンジでは各国料理を体験出来ます!

ラウンジで何が一番楽しみかというと、出発前、各国の各地郷土料理を食べることが出来るという点です。

ラウンジによってかなり食べ物や飲み物の質が違うので、それを発見するのも楽しみのうちです。貧相なラウンジには2度と行かないように避ける。

バランスが取れていていつ行っても期待を裏切らないのはミュンヘンやフランクフルト。有名なレバーケーゼやフランクフルトソーセジ(温かい)、そして地ビールを楽しめます。

ワルシャワにはピエロギやウォッカ類。

チューリヒやジュネーブではスイス国外では手に入れ難いスイス産ワイン。

地元ニース空港にはピサラディエール、タルト・ド・ブレット(塩系・甘系有)、各種ワインにシャンパーニュを頼めます。

一番感激したのはイスタンブールのターキッシュエアラインのラウンジ。

ここへトルコ料理を食べにきても良いと思えるぐらい、充実しているお料理の数々‼ きゅうりとヨーグルトのサラダや野菜類、ケバブ、トルコ風ピザ、麺類。お肉はその場で焼いてくれるので行列が出来るほど。何種類ものお料理やデザートが用意されています。

デザートはトルコ伝統的デザートの他、ウィーンのDEMELから取り寄せているチョコレートケーキもあるのですよ!スイーツ好きな方には是非体験していただきたいです!

ラウンジはこどものお城?

ラウンジによっては、子供スペースが設けられています。

単に、おもちゃの置いてある遊び場というのものからビリヤード、babyfoot、F1ゲームがある場所まで。

イスタンブールのように専門の係の人が待機してラジコンカーを走らせるサーキットを置いてあるところもあります。

 

ラウンジは子供もくつろげるます。

ラウンジに到着したらくつろぎの時間が待っているため、うちの子はラウンジ大好きになりトランジットが6時間でも「短かったね」というほどです。

ただし、トランジットが長くて眠い時は、大変・・・

自分はsleeping areaで横になって寝たいのに、こどもは目を光らせて遊びまわりたいのですから。一緒に寝ようといっても、絶対に寝てくれないので、とてもつらいですzzz

我が子はものごころつく前からインターネットを使いこなしており、ラウンジに到着するやいなや、WIFIのパスコードを確認するのがこどものルーティーンです。

今はラウンジ内はパスコード無しで自動でインターネット接続出来るところが増えました。

ラウンジには感謝感謝

飲み物・食べ物を並べて、2人で乾杯してからそれぞれゆったりとした時間を楽しむ。いつも時間に追われている母1人子1人の日常では持てない特別なひととき・・・

いつも温かく見守ってくださるラウンジ内スタッフの方々、本当にありがとうございます❗