ハワイでライドシェアプリのリフト(Lyft)で移動。アメリカではとても便利!

ハワイでLyft使ってみました。

ルートを説明せずに現金無しで移動ならLyft!
アメリカではUberを凌ぐと言われるLyftを使ってみました。

とても快適に、一言も英語を話さずに目的地に到着しました。
ワイキキからショッピングモールまで乗りました。

リフト(Lyft)とは?

ピンク色のアプリがスマホの中で目立つライドシェアアプリのリフト(Lyft)
アメリカではUBERと双頭のライドシェアサービス。
ホテルにも、空港にもライドシェアとして

”Lyft、Uber乗り場”が用意されている。

この二社が競い合うことでアメリカのライドシェアは強くなったのでしょう。

ワイキキビーチからLyft

ワイキキビーチのマリオットホテルのロビーで仕事してました。

あ、そういえば息子が「シーズキャンディのロリポップ買って」と言ってた、

思い出してシーズキャンディを買いに行くことに。
アラモアナセンターのSee’s Candies (シーズキャンディ)で一昨日にピーナッツブリットルは買ったのですが

息子が追加で「ロリポップが欲しい」と。
以前にアメリカ本土で買ってあげたシーズキャンディのロリポップが美味しかったよう。

一度行った、アラモアナセンターにまた行くのもつまらないので、
もう一軒のSee’s Candiesのあるショッピングモールに行くことにしました。
モールの名前はKahala Mallです。

バスで行こうと調べると23番に乗れば良いようです。
でも、現金をホテルの部屋においてきたので現金を持ってません。
バスは現金でしか乗れません。

クレジットカード一枚でホテルの部屋を出てきたのです。

ふと見回すと、
マリオットのロビーに“Ride Share Lyft、UBER”と書かれています。

Lyftを使ってみようとアプリをセットアップ。
使い方はUBERと同じで現在地と行き先を入力して、
概算の値段と、約何分後に車が来るかが表示されるので、
了承ボタンを押すだけ。

 

表示された料金は13.80ドル、10分後に到着予定。
ワイキキビーチ付近にはLyftドライバーがたくさんいるのか、
2分後に車が来ました。

ヒュンダイのRVカーです。
ナンバープレートの番号があっていることを確認。
乗り込んで名前も確認、
Lyftドライバーのスマホに自分の名前が出ていることを確認。

ドライバーさんは寡黙な方で、
特に話かけてくることもなく車は進んでいきます。

目的地に向かって進みます。
話しかけてこられないのは楽です。
話したがりの運転手さんはホントに良く喋りますから。

途中でLyftに表示されるルートとは異なるルートへ、
住宅街をショートカットするルート。
さすが地元民というルートの選び方。

ハワイの普通の家はアメリカ風の1階が車庫ガレージ、
興味深い風景を見れました。
メイン通りを通るバスやタクシーでは見れられない景色です。

問題もなく、会話もなく、
ショッピングモールに到着しました。
モールの入り口の近くで降りて完了です。

Lyftのチップと評価

素晴らしい!

Lyftは到着すると直ぐにアプリに通知が来ます。
チップをいくら追加する?と表示されます。
本人を目の前にせずチップを選べるのは素晴らしい。

普通に15%程度の3ドルのチップを入力して完了!
このシステムだと気分の良くないサービスをされた場合は
チップゼロを選択できるのです。

今回は評価の星はマックスの5個を付けました。

ハワイでリフト(Lyft)は便利です。

バスでも移動はできますが、
サッと、パッと、移動したい時は便利です。

タクシーと異なり話す必要もなく、
チップをその場で考える必要もないのが特に素晴らしい!

ハワイで移動にLyftはおすすめです。

ちなみに、帰りはバスで帰るつもりでしたが、
現金をATMで引き出せず、帰りもライドシェア使いました。

ビューカードにはキャッシング枠は無し!海外旅行時には注意【view card】

ブログランキングに参加しています⭐️
お手数ですがクリックして戴けると嬉しいです❗️

フランスランキング