モクシー・ルートヴィヒスハーフェンで広気分。ライン川のほとりでニッコリ。

ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン

ドイツの街の名前です。
ライン川のほとりの街にmoxy Ludwigshafen(ルートヴィヒスハーフェン) がニョキッと建っています。

ホテルの前は広場になっていて開放感が半端なく良い。
モクシーホテルは1階がすべておしゃれなカフェで、
カフェが広場に面していて開放感が最高!

モクシーらしく、バーカウンターが受付。
チェックインを済ませると、そのままウェルカムドリンクをバーで飲める。

チェスやボードゲームがあり。
夜になると、いっぱい飲みながら話したり楽しんでいる人がたくさん。
ゲームカフェ感覚。

 

モクシー・ルートヴィヒスハーフェンのアクセス

自動車でフランクフルト空港から約1時間。
A5とA67の高速道路で一気に到着。

モクシー・ルートヴィヒスハーフェンの部屋

部屋に入った瞬間の開放感。
廊下がなく、入り口から広々。
フラットな埋め込みテレビ、おしゃれな照明。
広々とした窓から眺めるライン川。

ガラスのテーブルは緑色に美しくひかり、
大きな椅子が快適なカウチポテトを約束してくれます。

コーヒーとお茶はインスタント品ですが、
お湯を沸かせるので好きなコーヒーも買ってくれば飲めます。
インスタントラーメンを食べることも可能です。

洗面はシンプルながら清潔感たっぷり。
下手に古い使いにくいけど広いとは一線を画する使い良さ。

トイレはウォッシュレットではないシンプルタイプ。
シャワーはシンプルタイプでレインシャワーは無し。
アメニティはハンドソープ、ボディ&シャンプ、コンディショナー。
歯ブラシやひげそり、バニティキットは無し。

壁に化学記号を模したポスターが、
遊び心が満載です。

モクシー・ルートヴィヒスハーフェンの駐車場

8台分の駐車場がホテルの車付の横に有り。
予約しておかないと取れません。
ホテル駐車場が満車の場合は、
H&Mなどが入るショッピングモールの地下駐車場。

モクシー・ルートヴィヒスハーフェンのまとめ

ホテルは広々として快適で、街にも歩いていける良い立地。
部屋も余裕を持った作りでかつ洒落た雰囲気。

ドイツ感が無いデザイナーズ系に泊まりたくなったらおすすめです。

【成功】マリオットBONVOYのプラチナチャレンジ2020!1月31日にゴールドが切れる前に【プラチナエリート】