新コロナウイルス騒ぎ中に矯正歯科とアレルギー科のお医者さんへ

日曜夜、息子の前歯の矯正がなんと一箇所取れてしまいました。下の歯の矯正をした時は角度が悪かった様で奥歯のあたりにかなり痛みが出ましたが、今回は取れてしまったところは別に痛い様子では無く、「取れちゃった〜ぐらい」で済んでいました。

早速直してもらおうと思った月曜日、診療開始後に直接診てもらいに出向くと(こういう場合、直談判の方が上手くいく可能性大)、先生がいないのですぐには診てもらえないとの事で、その日の14:45の予約をもらって一先ず帰ってきました。

そして予約の時間に行くと・・・「ママー 開いてない!!」と電話がかかってきました。「???キャビネ(診療所)に電話してごらん???」こんなおかしなことがある?と思いつつ、まさか新コロナウイルスがらみかも・・

と思ったら、案の定政府からの通達で、今日から診療所を閉めますとのこと😣

本当はとてもやりきれないのですが、多分直してもらうチャンスはほぼないとわかるので、ここは平静を保つのが一番。怒らずにやりすごすことにしました。

そして次は自分の花粉症(?)のお医者さんのランデブー。

1月末から2月にかけてはじまる、多分何かのアレルギー?!鼻と、時々目にくることを訴えると、

スギ花粉にはとても良い薬があるので、もう一度テストしましょう!ということで、写真のごとく十五箇所にアレルゲン(?)のドロップをおき、極小の針を15本使って、ぐさ、ぐさ、とドロップの上から刺し、浸透させます。

そして待つ事10分・・・ 残念ながら(?)2月から始まる杉には全く反応せず。(杉の香り大好きなので、当然と思いますが。。ちなみに日本酒の香りをかぐと、必ずと言っていいほどくしゃみが出ます。と思っていたらイネ科のアレルギーと反応がでました。)

今回は、よもぎ、おおばこに反応、でも結局2月からの症状は、スギでは無く違う花粉でしょうということになりました。辛い時に接種出来る抗ヒスタミンの飲み薬、点鼻薬、点眼薬を処方してもらい終わりました。この先生、英語もすっごく上手でとても熱心にお話してくださる女医さんです。でも気をつけないと予約は最低2ヶ月待ち、先週診てもらった皮膚科の先生は3ヶ月は余裕見ておかないといけません。なのでいつも終わった瞬間何でもなくとも次の予約をいれておきます。念の為!

ブログランキングに参加しています⭐️
お手数ですがクリックして戴けると嬉しいです❗️

フランスランキング