フランスのニースでEVカーシェアリングに登録してみた 「MOBILIZE」

MOBILIZEが道路脇に駐車されている

フランスのニースでは10年以上前からEV(電気自動車)のカーシェアリングがあります。

道路沿いに並んだ駐車場の一部にEV充電設備がありカーシェアリングの車が置かれて、街中にあるので海外旅行でホテルに宿泊していてもアクセスしやすい場所です。

ただし、街から出るまでに細い一方通行や分岐を通るので初めての運転者には優しくないですが、少しだけフランスをドライブしてみたい、山の方に行ってみたい時などには最適です。

ニースのカーシェアリングは長らくニースが運営するAutoBleueでしたが、2019年からルノーのグループ会社のMOBILIZEになりました。運営が変わり、AutoBleueの「羽マーク」のステッカーから「Renault Mobility」にステッカーが変わっていますが駐車場所や充電設備は同じ場所にあります。

今回はニースでMOBILIZEカーシェアリングを使うための登録方法についてご紹介します。

ちなみにフランス語でカーシェアは「autopartage(オトパルタージュ)」です。

MOBILIZEに登録する方法

フランスのEVカーシェアは日本の国際免許とクレカで登録できるのか実際に試してみました。

登録に必要なものは以下でした。

  • 国際免許証
  • パスポート
  • クレジットカード(Master/Visa)

 

結論としては問題なく登録できましたので、フランスに住んでいない海外旅行者でもMOBILIZEのカーシェアは使えます。パリなどの他の街でも使えるのでフランスを旅行するなら事前に登録しておくと便利です。

アプリで申し込み

申込みはスマホのアプリからなので先ずはダウンロード。

Renault Mobility by Mobilize

Renault Mobility by Mobilize
無料
posted withアプリーチ
新規申込みから開始です。「Car Rental」を選択します。
次に必要情報を記入していきます。
レンタカー利用規約(CONDITION GENERALES DE LOCATION)はPDFで確認が必要ですが、日本のレンタカーと同じくスマホで読むには字が小さすぎて苦しいです。免責など重要な点は記事の後の方で紹介します。
重要な点は質問集にあるので確認できます→questions fréquentes 。フランス語ですがクロームブラウザーの翻訳機能を使えば日本語で読めます。
運転免許証の登録は国際免許証を登録しました。
後述しますが、免許取得後1年以上経っていないとMOBILIZEのカーシェアは使えませんので国際免許の発行日を書いた場合はカスタマーサポートに追加説明が必要です。
身分証明書はパスポートを写真で添付します。
次にクレジットカードですが、
2ユーロがクレカ確認のために一時的にチャージされます。
ここまでで登録は完了です。15分以内にMOBILIZEへの登録が完了してアプリにアクセスできるよとメッセージが出ました。

申し込みで手間取った点

アプリで踏力が完了した後には申請で添付した免許証、パスポートの確認作業が行われます。ここで問題が有り、MOBILIZEから修正依頼のメールが来ました。

顔写真のセルフィーはパスポートと一緒に

申請の最後に顔写真をセルフィーで撮影する項目があるのですが、そのときにID(パスポート)を一緒に撮す必要がありました。英語を理解できていなかったのが原因ですが、再度アプリにログインしてから撮り直してOKです。(※)身分証などの承認が完了していなくてもアプリにログインはできますので、もしログインが上手く行かない時は「パスワード忘れ」ボタンからパスワードの再設定してみてください。(私は承認までアプリにログイン出来ないと思い込み無駄な時間を過ごしました。)

国際免許の有効期限が1年以下なので拒否される

MOBILIZEのカーシェアは免許証を取得してから1年以上でないと登録できません。日本の国際免許証は1年期限なので発行日を記入すると、MOBILIZEの確認する人からは初心者に見えてしまい「免許取得後1年以下の方はサービスを使えません」と断りのメールが来てしまいました。
でも、サポートセンターに「国際免許証であり免許の取得日ではない」旨を英語でメールすると承認されました。
もしかすると、免許証取得日は日本の免許証の日付を記入したほうが良かったのかもしれません。

三井住友カードが通らない

三井住友ゴールドカード(スーパーフライヤーズ)を登録しても拒否されます。何度か試しても無理なので、日本のカードでの登録は無理なのか?と疑い始めました。
しかし、取り直してバックアップ用の楽天カード(年会費無料)を登録すると一発で通りました。(三井住友カードは外国のネット系で使うときにセキュリティが厳しいのかもしれません)

おわりに

全ての提出書類が承認されてカーシェアを使えるようになった画面がこちらです。
次回の記事でははMOBILIZEのカーシェアを使う前に確認したい事故時の免責額などについて確認していきます。



les articles récents(新しい投稿)

les categories (記事のカテゴリー)