ハワイのホノルル空港でレンタカーをホノルル空港で借りる時は空港受け取り店で!

ホノルル空港が初めてなら「空港受け取り」レンタカー会社を選択!

初めてのハワイのホノルル空港に到着したときに、
どうやってレンタカー会社までたどり着くのか不安になりました。
分かりにくいシャトルバスサービスだったから。

初めてならホノルル空港では受取店で借りましょう!

送迎シャトルバスで移動するレンタカー会社は「初めて」の方にはおすすめしません。

空港内受け取りできるレンタカー会社は 「Hertz」「Budget」「Avis」 です。

空港内のレンタカー受け取りは一般的なカウンターです。

ホノルル空港でのレンタカーの受け取り方法

1.空港内駐車場での受け取り

空港内にあるレンタカー会社カウンターに行き手続きを済ませて、
空港内の駐車場で車両をピックアップして出発。

2.空港から離れた場所のでの受取

空港からシャトルバスで空港から5-10分程度のレンタカー会社へ向かいます。
日本の千歳空港や那覇空港と同様のサービスです。

空港からシャトルバスに乗ってレンタカー会社まで行くスタイル。
一度体験すると難しくは有りません。
ホノルル空港は初めてだと分かりにくい。

日本のようにレンタカーのカウンターで受付を済ませて案内してくれたり、
到着口でレンタカー会社の方がパネルを持って待っていることはありません。

自力でレンタカー専用のシャトルバス乗り場を見つけて、
シャトルバスを見分けて乗り込まなければなりません。

私はマイナーな格安レンタカー会社を選んだので
シャトルバスの間隔が長すぎて30分待ちましました。
タクシーで行くしかと考えるくらい待ちました。

そしてやってきたシャトルバスは10人乗りのミニバンに、
小さく格安レンタカー会社の名前のプレートが貼ってあるだけ。

初めてにはオススメしません。
待つのも外の道路で暑いです。

レンタカーのシャトルバスを探す方法

「空港受け取り」以外を選んだ場合にシャトルバスを探す方法です。

ホノルル空港の到着ゲートを出るとクーラーの無い外気に当たる道路に出ます。
「Car Rental Center」は「空港内受け取りレンタカー」
「For All Others」の矢印に従って歩きます。

シャトルバスの乗り場が分かりにくいですが歩道のへりに書いてあります。

実は道路に書いてあると気が付いたのは帰国時です。
ハワイで運転していると道路に同じように「Not Parkと注意書きが小さく書いてある場所があります。
気がつかずに駐車禁止切符を切られて「なぜ?」と理由を探しているときに、ハワイでは道路に小さく書くのだと気がつきました。

駐車禁止は「x」マーク。
この車の2台先は駐車可能、下を見なかったので気がつかなかった。

シャトルバスが回ってきたら手をあげる


シャトルバスが5-15分毎に回ってくるので
予約したレンタカー会社のバスを見つけたら手を上げて止まってもらいます。

慣れていると簡単ですが、初めての場合はおすすめしません。
分かりづらくとても戸惑います。
スーツケースを持ちながら探すのも大変です。

Alamoなどの大きな会社は頻繁にシャトルバスが回ってくるし、
バスのペイントもハッキリくっきり分かり易いのでまだましですが、

私の選んだ格安レンタカーは普通の白いミニバスに小さなパネルが貼ってあっただけ。
分かりにくすぎ。
30分以上経過して、不安がマックスになってきたときにやっと現れました。
焦っていたので写真を撮る余裕もなかった。

待っているときに何度も来るAlamoの写真は撮りましたw

空港から乗り出せるレンタカーを初心者にはお勧め。

「初めて」ホノルル空港でレンタカーを借りるなら、
空港から乗り出せるレンタカーをおすすめします。

空港から乗り出せる会社は
「Hertz(ハーツレンタカー)」「Budget(バジェットレンタカー)」「Avis(エイビスレンタカー)」。

レンタカー価格は高めで、空港税がかかるなどと金額的には割高です。
しかしながらスーツケースを持ってシャトルバスを探す時間や
移動時間を考慮すると金額の差は埋めてくれるくらいの価値はあります。



data-matched-content-rows-num=”4,2″
data-matched-content-columns-num=”1,2″

コメントを残す