ホノルル空港でレンタカーを借りる場所は空港内がおすすめ【初めてのハワイ】

ホノルル空港が初めてなら
「空港受け取り」
レンタカー会社を選択!

oku
初めてハワイのホノルル空港に到着したときに、
レンタカーのお店までたどり着くのかわかりにくかった!

初めてのハワイでレンタカーを借りるなら、
ホノルル空港内が受け取り場所がおすすめ!

送迎シャトルバスで移動するレンタカー会社は
初めての方にはおすすめしません。

空港内受け取りできるレンタカー会社は
「Budget」「Avis」 です。

私が借りたレンタル時に格安レンタカーやAlamoは
シャトルバスを自力で見つけて移動することになるので、
ハワイ2回目以降がおすすめ。

ホノルル空港でのレンタカーの受け取りの種類

空港内レンタカーカウンターでの受け取り

ホノルル空港内にあるレンタカー会社カウンターに向かいます。
カウンターで手続きを済ませ、
空港内の駐車場で車両をピックアップして出発。
以上です。

空港内だけで完結!

空港から離れた場所のでのレンタカー受取

空港からシャトルバスで
5-10分程度のレンタカー会社カウンターへ!

日本の千歳空港や那覇空港と同様の
送迎車で移動するサービスです。

ホノルル空港のレンタカー送迎は自力で見つける!

レンタカー会社のシャトルを見つける方法は、
一度体験すると難しくは有りません。

でも、ホノルル空港は初めてだと分かりにくい。

oku
案内が悪すぎ!

日本の空港のように、
到着口付近にあるカウンターで受付を済ませて
送迎車まで案内してくれたり、

レンタカー会社の方がパネルを持って、
到着口で待っていることも有りません!

自力で
レンタカー専用のシャトルバス乗り場を見つけて、
各社のシャトルバスを見分けて乗り込むのです!

私はマイナーな格安レンタカー会社を選んだので
シャトルバスの間隔が長すぎて30分待ちましました。

見つからないから、
タクシーで行くしかないか?
と考えるくらい待ちました。

借りたレンタカーは『Economy Rentacar』ですが、
シャトルバスの大きな表示は『A1 RENT CAR』

やってきたシャトルバスは10人乗りのミニバンに、
『Economy Rentacar』の小さなステッカー
A1 RENT CAR表示の下に貼ってあるだけ。

わかりにくかった!

シャトルバスの写真を、レンタカー会社前で撮りました。
空港の影になっている暗い中ではよりわかりにくいと想像できる、

「小さな」Economy の表示

注意深く見ないと、
車体横のA1 RENT-A-CARしか目に入りませんよ!

空港で、シャトルを待つ場所も外の道路で暑いのです。
いつまでも送迎シャトルが来ないので、
かなりぐったりしてしまいました。

ホノルル空港でレンタカー会社のシャトルバス乗り場へ向かう方法

では、「空港受け取り」以外を選んだ場合に
シャトルバスを探す方法をご紹介です。

事前に知っておけば、
私のように不安感を感じることは減るでしょう。

 

ホノルル空港の到着ゲートを出ると
すぐにクーラーの無い空間になり、外気に当たる道路に出ます。

看板の矢印をチェック
「Car Rental Center」は空港内受け取り。
AVIS、Budget、Hertzなど。

今回はシャトルなので、
「For All Others」の矢印に従って歩きます。


シャトルバスの乗り場が分かりにくいです。
歩道のへりに書いてあります。

シャトルバスが回ってきたら手をあげる

シャトルバスが5-15分毎に回ってくるので
予約したレンタカー会社のバスを見つけたら
手を上げて止まってもらいます。

慣れていると簡単ですが、
初めての場合はおすすめしません。
分かりづらくとても戸惑います。
スーツケースを持ちながら探すのも大変です。

Alamoなどの大きな会社は頻繁にシャトルバスが回ってくるし、
バスのペイントもハッキリくっきりで、
分かり易いのでまだましですが、

私の選んだ格安レンタカーは
普通の白いミニバスに小さなパネルが貼ってあっただけ。

oku
分かりにくすぎ。

30分以上経過して、
不安がマックスになってきたときにやっと現れました。
焦っていたので写真を撮る余裕もなかった。

待っているときに何度も来るAlamoの写真は撮りましたw

ホノルル空港でレンタカーを借り出せるかを確認する方法

レンタカーのネット予約時に
空港内カウンターかどうかを
見分ける確認する方法をご紹介します。

今回、私が予約したのはEasyRentCars。
予約時の表示で見てみましょう。

AVISレンタカーの予約では
「ホノルル空港(空港ターミナル内)on airport」
と書かれています。

空港からシャトル送迎バスで移動のAlamoレンタカーでは、
「ホノルル空港(無料シャトルバス)」
と書かれています。

ホノルル空港でのレンタカーを予約する際には、
空港内で受け取りかどうかをよく確認してください。

EasyRentCarsのサイトはこちら。

『まとめ』初心者にはホノルル空港から乗り出せるレンタカー

初めてホノルル空港でレンタカーを借りるなら、
空港から乗り出せるレンタカー
をおすすめします。

空港から乗り出せる会社は
「Budget(バジェットレンタカー)」
「Avis(エイビスレンタカー)」
など、

空港から乗り出せるレンタカー価格は割高です。
「空港税」がかかるからです。

しかしながら、わかりにくい場所で、
スーツケースを持ってシャトルバスを探す時間や、
移動時間を考慮すると、
金額の差は埋めてくれるくらいの価値はあります。

ハワイでライドシェアプリのリフト(Lyft)で移動。アメリカではとても便利!

2019年12月15日

【追記】歩道に『RENTAL CAR』と書いてあるのを見つけたのは駐禁のあと

日本ではあまり見かけない、
歩道のヘリに注意書きが書いてあるパターン、
ハワイでは注意です!

実は私が空港の道路に「RENTAL CAR」と表示を見つけたのは帰国時です。

ハワイでレンタカーを運転しているときに
道路に同じように「Not Park」と注意書きが小さく書いてある場所があります。
気がつかずに駐車禁止切符を切られて
「なぜ?」
と理由を探しているときに、
ハワイでは道路に小さく書くのだと気がつきました。

駐車禁止は「x」マーク。
この車の2台先は駐車可能、下を見なかったので気がつかなかった。

わかります?
白いラインに赤で「x」があります。
ここは駐禁です!









コメントを残す