サントリーニ島の洞窟ホテルではスリッパ禁止!滑って脱臼して救急病院へ。

サントリーニ島の洞窟ホテルでは,
使い捨てスリッパを履かない!

絶壁に並ぶ白い壁に青い屋根。
絶景の夕日。
死ぬまでに誰もが一度は泊まりたいと名高い、
サントリーニ島のイア(Oia)にある絶壁に並ぶ洞窟コテージ。

夢が叶い、泊まってきました!

しかし、一足の使い捨てスリッパで滑ったことで夕日を見ずに帰ることに。

今回はサントリーニ島の絶壁ホテルでスリッパで滑って病院に行った話です。
イアの洞窟ホテルを予約したらこの記事を読んでください
 

サントリーニ島イアの絶壁ホテルに到着

イア(Oia)まで断崖絶壁の道路をレンタカーでドライブしてやってきました!

車をとっても狭い郵便局前の駐車場に停めます。
狭くて狭くて駐車するにも一苦労。
あとから、実は一番近い最高の場所に停められたと気が付きました。

普通は歩いて10分くらいかかる場所に駐車するのです。

パーキングからは怪力のホテルの方が
狭い階段を下り、
絶壁の洞窟に作られたコテージまで、
スーツケースを担いでくれます。
申し訳なく感じるほど狭くて急な階段。

コテージからの景色は絶景!

さすが一泊に3万円を払った価値有り!

夕方が近づき夕日を楽しむための準備を始めます。
テラスでゆっくりと飲んだり食べたりして楽しもうと、
スーパーで購入した食材とドリンクを準備。

テラスからの景色を動画でもどうぞ。
誰もが一度は見たいと言う意味がわかる絶景。

崖から見る海は遮るものが何もありません。

サントリーニ島の洞窟ホテルで滑って脱臼!

テラス側の準備を進めていると、
突然室内から悲鳴が!!!
冷蔵庫の前でうずくまり、

痛いーーーーーー!!

と叫んでます。
上から覗き込むと

右腕の肘の部分が
普通には曲がらない変な方向に曲がっています。
確認しようと肘の辺りを触ると強烈に痛がりました。
(当然ですね、ごめんなさい)
結果として痛がったのですが肘が動いたことで
肘は通常のありえる方向に戻りました。

まずは痛みを和らげないといけないと、
横に寝かせてから肘を水で濡らしたタオルで冷やします。
クッションを運んで肘と身体をできるだけ固定して痛みが少ない姿勢に。

しかし、1時間経っても痛みが引く様子が見えません。

飛行機のボーディングタイムとは乗り込む時間。搭乗が完了すると時間前でも出発@ドイツのフランクフルト空港!

2019年3月22日

サントリーニ島の病院に行くことに決めた

夕方になり暗くなり始めました。

いつの間にか夕日は沈んでいたようです。

救急病院へ連れて行くことを真剣に考えます。
ネットで調べるとサントリーニ島内には病院が2つあって、
絶壁ホテルのあるイアからは
車で1時間以内では着けそうです。

病院に行こうと決めて出発のために
服や貴重品と緊急食糧をカバンに詰めていると、
ホテルのスタッフさんがコテージに入ってきました。

掃除用具や備品がテラスの脇の小さな納屋に入っているのです。
サントリーニ島の洞窟コテージは
普通のホテルのように受付や倉庫がないので各コテージの納屋に分けて備品をおいてます。

スタッフさんに病院はパブリックとプライベートとどちらが良いですか?
と聞いてみると、

マネージャに聞きますと状況をスマホで電話してくれました。

洞窟ホテル地区のクリニックのお医者さんが往診してくれる

マネージャが早速やってきました。

最初の言葉は

「このコテージでコケる人など初めてだ!」

と自分を守ろうとする言葉だったのはご愛嬌。

すぐに往診可能なお医者さんに電話して呼んでくれました。

実は絶壁ホテル地区には小さなクリニック(診療所)はあったのです。

旅行者が病気や怪我をしたときは往診してくれるシステムでした。
確かにこれだけ多くの観光客が急な坂の地域に居るので
つねに軽い事故は起きそうです。

病院に行くしか発想がなかったのですが、
もっと早く気づいて取り敢えず診てもらっても良かったなと後悔。

15分位で往診のドクターがやってきました。

コテージ内のベッドで診察が始まり、

肘を動かしながら痛みの部分を確認していきます。

「多分折れてはいないだろうけれど
痛みが続くなら明日救急病院で
レントゲンを撮ってもらうと良い」

との診断でした。

取り敢えず肘を固定するために包帯でカチカチに固めてくれました。
費用は100ユーロを現金支払いのみでした。

ギリギリ現金も持っていて良かった。

後で気が付きましたが、
洞窟地区内のATMでクレジットカードで下ろすことも可能でした。

お医者さんは海外旅行保険用に英語で診断書を書いてくれました。
痛み止めを薬局で買うようにと処方箋も。

取り敢えず、すぐに救急病院へ搬送するほどの
酷さは無いと診断してもらえて安心して眠れました。

【注意】スターアライアンスGOLD保有でもラウンジが使えない!スタアラ未加盟コードシェア便!

2018年5月13日

サントリーニの救急病院でレントゲンを撮る

次の日の朝、痛みは少しは引いたようですが痛いことは変わらない。

帰国まで残り3日あるので万が一のために救急病院へ行くことに決めました。

旅行中で待ち時間が無駄なので、
診察待ちの患者が少ないプライベート病院へ行くことに。
車でティラのプライベート病院へ到着。
病院待合室に、患者は私達だけでスグに診察開始です。
レントゲンを撮ってもらいます。
10分位待って、骨折と診断されました。

ギプスを肘をL字に曲げた状態で固めます。
サントリーニ島は暑いので、
ギプスを腕を完全に巻くタイプではなく
外側半分だけを覆うタイプ。
通気性が良さそうなもので良かった。

今回プライベートクリニックの
診察料金は600ユーロ!

さすがにクレジットカード支払いは受け付けてもらえました。
保険会社に提出するための英文の書類も15分位で作成してくれました。
お値段も対応もさすがプライベートクリニックです。

この費用は海外旅行保険で賄おうと想定していたのですが、
保険処理ができませんでした。
顛末は別途記事に書いてますので、ご興味があればこちらもどうぞ。

海外旅行保険は大事!クレジットカードの利用付帯で、長期滞在でも現地から保険をかけることができます

2020年1月8日

滑った原因は使い捨てスリッパとツルツルの床

病院も終わったので転んだ原因を考えました。

スリッパを履いていたことが原因だとは思いましたが、
使い捨てスリッパは底に滑り止め機能もあるので普通に使う分には滑りません。

しかし、水を撒いて検証するとびっくりです。

 

使い捨てスリッパでつるつるの床に水がある状態を歩くとすごく滑るのです

この写真はフローリングで撮ったものです。

フローリングで水をつけてテストすると、
再び事故になりそうなくらいよく滑りました。

濡れていないところでグリップがある感覚と、
水が浮いている場所の滑りやすさのギャップが激しいです。
水の浮いているゾーンに行くと一気に滑ります。

サントリーニ島の洞窟ホテルのように、
コンクリート床に綺麗なペイントを施しているところで、

使い捨てスリッパは危険です!

ビーチサンダルか普通の靴を履いたほうが良いです。

サントリーニ島で骨折した話のおわりに

憧れの島ギリシャのサントリーニ島、

洞窟ホテルではスリップに注意してください!

使い捨てスリッパで
滑って転ばないように気をつけてください。

一生に一度の楽しみが台無しになってしまいます。

腕を骨折/ポーランドで病院へ

2017年7月24日