【ギリシャ旅行】サントリーニ島とクレタ島を観光旅行するときの重要ポイント8選!

サントリーニ島とクレタ島に行くなら知るべき事8選!

この記事はサントリーニ島かクレタ島ギリシャの島旅行が決まったら読んでください。

 

サントリーニ島とクレタ島を旅行

エーゲ海ブルーに輝く海!
古代からの岩壁!
ギリシャの島旅行の王道のサントリーニ島とクレタ島に観光旅行に行ってきました!

旅行の中でコレは行く前に知っておけばよかったなあと感じた点をシェアします♪
あなたのギリシャの島旅行の参考になれば嬉しいです。

それでは重要度の高い順に紹介します。

①島で怪我をしたら宿の人にスグに相談する!

島での怪我はアテネなどの都市部を旅行中以上に不安になります。

旅行中に怪我や病気にはなりたくないですが、
怪我や病気になってしまったらスグに宿の人に相談しましょう。

サントリーニ島やクレタ島で怪我をしたときは、
宿の方に地元の近所の往診してくれるお医者さんを呼んでもらい、
救急病院に行く前に近所のお医者さんの診察を先に受けたほうがよい。

私は今回の旅行の時に写真のと通りギプスをする怪我をしました。
その際に知ったことは、
小さな民宿のような宿でも地元の人にお願いすれば、
往診できるお医者さんをスグに手配してくれるということ。

サントリーニ島で怪我をした話のはこちらをどうぞ

サントリーニ島の洞窟ホテルではスリッパ禁止!滑って脱臼して救急病院へ。

今回はサントリーニ島の絶壁ホテルでスリッパで滑って病院に行った話です。
サントリーニ島の洞窟ホテルを予約したら読んでください。

②島では水道水は絶対に飲んではいけない!

サントリーニ島とクレタ島では水道水は飲めません!

サントリーニ島には川も池もありません。
水はタンカーで運ばれてきて燃料のように港のタンクに貯蓄。

このため水の清浄度には期待できません。

必ずミネラルウォーターを飲みましょう。
地元の方も水道水は危険だから絶対に飲まないと語っていました。

③島にはWiFiを準備していく!

日本から海外ローミングオプションを契約していく、
又は海外旅行用のWIFIルータを借りていくことは必須です。

特にクレタ島のWIFIはダメダメです。

WIFIは空港の無料WIFIもホテルのWIFIも速度が遅くまともに使えませんでした。
有料の速度が速いWIFIの選択肢も無くお金を払って解決することも出来ません。

根本的に島のインターネット(WIFI)は大陸から離れているためにイマイチです。

クレタ島のWIFI状況について詳細記事も書きましたのでよろしければご参考に。

クレタ島の観光旅行ホテルのWIFIはダメダメ。スマホの海外ローミングかWIFIルータが必須です!【ギリシャ旅行】

WIFIに関してはレンタカー移動時にスマホでマップを使うこときにも役立ちます。
レンタカーに日本のようにナビが付いていないから。
レンタカーに大きな画面は付いていましたがラジオとエアコンの調整機能だけ😁でした。

サントリーニ島はWIFIはクレタ島よりは安定していました。
しかしながらホテルで全くつながらない事もあり、
酷いクレタ島のWIFIと比べたら良いということです。

④島ではトイレに紙を流してはいけない!

サントリーニ島もクレタ島もトイレでトイレットペーパーを流すことは禁止です。

ホテルやレストランではトイレに注意書きやステッカーが張ってあります。
ゴミ箱が横に設置してあるのでお尻を拭いたらトイレットペーパーはゴミ箱に投入です。

慣れるまでは汚い感じがしますので事前に心構えしていたほうが良いです。

「何故水に溶ける紙も流してはいけないのか?」と理由を聞いたところ、

「島の下水設備は配管が細いので水に溶けるトイレットペーパーでも詰まってしまう」とのこと。

日本から携帯ウォッシュレットを持参していくと紙の量が減って良いです。
ハンディウォッシュレットはいろいろな種類が有りますので旅行に持っていくと便利です。
アマゾンや楽天で「ハンディウォッシュレット」や「携帯ウォッシュレット」で検索。

500mlのペットボトルで手動ウォッシュレットもお薦めです。
簡単で現地で手に入り荷物にもなりません。

トイレの「紙を捨てないで」ステッカーコレクション

下のサメがトイレから顔を出している表示は「トイレットペーパを捨てないで!」と書いてあります。図だけではトイレからなにか出てきそうです。

こちらのステッカーは一発で理解出来ますか?
紙を使っては行けない=捨ててはいけない?
すこし考えてしまいました。
トルコ式のシャワーの設置も無いので紙でしか対応できない仕組みなので。

⑤島のクーラーは窓を閉めないと電源が入らない!

最初に泊まったホテルで驚きました!

クーラーのリモコンスイッチを操作しても冷房が入らないのです。

「ギリシャの島だからやっぱりクーラも調子悪いのかあ、はぁ、暑いのになぁぁぁ、、」

と嘆きながらフロントに問い合わせると・・・
実は壊れていませんでした。

窓を締め切っていないとクーラの電源が入らない構造なのです。

なるほどと納得です。

外は熱暑なので、もし窓を開けたまま最強でクーラをつけて外出すると、
電気代が大変なことになります。
だから窓を開けた状態ではクーラは使えないように仕組みを作ってあるのです。
クーラーの見た目は日本と同じタイプ。

 

クーラとは全く別の場所の窓の上の方を見るとコードが付いています。
マグネットのセンサーのようなものが窓に。

よく見ると電磁スイッチです。
このスイッチ同士が近づいていないとクーラに電気が流れない仕組みです。

⑥島には国際免許証を持っていく!


クレタ島もサントリーニ島も公共交通機関はバス。
当然ですがバスは本数も少なく時間も正確ではありません。

移動を軽快に行うにはレンタカーを借りることおすすめです。

島には沢山の個人経営的な格安レンタカー会社が有り
ネットで予約(英語)すればホテルまで直接届けてくれます。
割高になりますがホテルのレセプションでお願いして予約することも可能。

レンタカーを借りるには国際免許証が必要なので準備していきましょう。

レンタカーは懐かしのマニュアル車。
国際免許ならAT限定とは書いてありませんのでAT限定の方もマニュアル車を運転可能。
しかしながら慣れていない外国での運転で事故を避けるためにAT限定保有の方は車両の台数は少ないですがAT指定でレンタカーを予約しましょう。

サントリーニ島では4輪バギーを借りて崖の道を走ることも出来ますよ♪これはATです。
昼間の移動ならバギーもおすすめ。
二人乗りできます。

⑦レストランの無料サービスのラク酒はアルコール40度

クレタ島でもサントリーニ島でも地元のラク酒(RAKI)を食後に無料で出てきます。
消化を促進するための食後酒。

知っておかねければならないのは

ラク酒はアルコール度数が40度以上も有る強いおという事実

飲み口もさっぱりしていて暑い中で飲むと美味しいですが、
くれぐれも飲みすぎて倒れないように気をつけてください。
デザートとラク酒を無料でサービスしてくれるレストランが殆どです。

はじめはは頼んでいないのに出てくるので、

「頼んでないよ?」

「サービスだよ」

というやり取りをしましたが、
だんだんとどこのレストランでも同じシステムとわかりました。

⑧空港で突然工事が始まっても驚かない!

島では工事現場を日本のように柵で囲ったり誘導員を配置したりは有りません。
突然、回りに人が居る場所で石をハンドブレーカーで壊す工事が始まります。

飛び石で怪我をしてもきっと何も保証されないので工事には近寄らないようにしましょう。

サントリーニ島とクレタ島の旅行重要ポイント『おわりに』

サントリーニ島とクレタ島を訪問した際に気になったことのご紹介でした。
ギリシャの島旅行に行くあなたの役に立つはずです!
しっかりと準備して怪我やトラブル無く楽しい旅行をしてください。

クレタ島の観光旅行記①文明の始まったイラクリオン遺跡、リゾートホテルでのんびり!

2018年4月30日