【注意】南仏ニースのトラムとバスは打刻しないと40ユーロの罰金!

乗ったら「直ぐに」打刻機で「打刻」する!

フランスのニースでバス・トラムに乗車したら絶対に打刻です。

打刻しないで取り締まりに見つかると罰金40ユーロです!要注意!!

南仏ニースで公共のバスやトラムに乗ったときは必ず打刻してください。

ニースの公共交通機関

ニースの公共交通機関は、Ligne d’azur(リーンダジュール)が運営しています。

切符(チケット)は1枚1.5ユーロ、74分以内なら何度でも乗り継ぎが出来ます。*往復は不可。

チケットは紙です。紙の10回チケットでも一回のチケットでもクレジットカードサイズの紙です。

切符(チケット)に刻印しましょう!

このチケットは券売機で購入しただけではダメです。

乗車後車内ですぐに自分で刻印しないと罰金の対象になってしまいます。

トラムの中にはいくつか刻印機があります。もし壊れているものに当たってしまった場合は他の刻印機で打刻しましょう!トラムの主要駅にはホームにも打刻機はあるので乗車前に打刻してもOKです。打刻機はイカの写真のようにホーム上にニョキッと立っています。

罰金を取られた悔しい思い出

罰金を払った経験有ります!

チケットを持っていたのに刻印機が壊れていたため「まあいいや」と刻印せずにトラムに乗り続けていました。 すると、次の駅で取締官にばったり。

チケットが刻印されてないのがわかると、IDを出してと言われ、「はい、この金額払え」(当時38ユーロ)と言ってくるのです。刻印機が作動しなかったんだ!!と説明しても一切ダメ。 今払えば38ユーロ、後払いだとさらに金額を上乗せしなければいけないと言うのです。

交渉すれば何とかなることの多いフランスでも、これだけは例外無しでとても厳しいです。 その場で渋々払いました。

刻印はどんな感じ?

打刻機にチケットを通すと裏側に日付が印字されます。

10回打刻したチケットの写真を参考に載せます。一番下の行を見てください。

一番下の左側に「0」と撃たれているのが残り0回使用可能という意味。 0607は7月6日を表します。日本とは違い、日、月の順番です。 1652は16時52分に打刻という意味。 右側の11はトラムを、1014は駅番号を表していると推定します。

取締部隊はこんな感じ!

夏休みを前に違反者取締に精を出すLigne d’azurの取締舞台の方々の写真です。 カメラを向けるとお茶目なポーズを撮ってくれましたが、とてつもなく厳しい人です。

チケットを持っていない、打刻なしのチケット、絶対に許してくれません。

このシステムのおかげで改札やトラム・バス内での検札の人件費がかからず全体としては安価に利用できています。

おわりに

ニースでトラムやバスに乗ったらチケットを持っているからと安心せずに、

乗ったら「直ぐに打刻」する!

チケットを持っているのに罰金を払う羽目にならないように気をつけましょう!