外出制限6日目、運動不足解消策が送られてきました

 

自宅待機で疲労蓄積

新コロナウイルス対策で外出禁止が始まってほぼ1週間。

自宅待機は考えてみれば快適なのですが、
外出制限とか、政府の対策に加えて毎日変わる県や市の条例に結構体が反応するのか、
さほど負荷をかけているわけでもないのに、
昼食後は妙に疲労を感じます。

ドイツの姪っ子達の学校は、
先生方が早々と”どさっ”と宿題を出してくれたとの事、
こなすのが大変という程の量ですって。

妹の勤務先もホームオフィスになり、
家にちょうどPCが2台あるから2人で同時に宿題をすることが出来て良かった〜
と言っていました。

対してフランスは、、、
先生によって出したり、出すのが遅かったり、はたまた無かったり・・

学校のポータルサイトへたびたび確認しに行く行為が無駄だから、
息子にはしばらくほっておきなさい!と言うのですが、
どうしても出たらすぐに終えてしまいたいのか気になってしまう様子。・・
よし、早目に出してもらうように学校にメールしておこう。

運動不足解消のアイデア

昨日買物に出かけたら太陽が燦々と降り注ぐベランダで、
エアロバイクをしている人を見かけました。
これって超グッドアイデア!

多分疲労を感じるのは好きな様に運動出来ないのもあるかな。
一日中家で過ごしていても3度の食事&おやつの時間にはしっかりお腹が空き、
更に時間の余裕もあるから毎日朝からかなりがっつり食事出来てるのですよね。

1ヶ月ぐらい外出制限が続くならランニングマシーンエアロバイク買っちゃおうかな〜!
(ちょっと場所取るけど・・・)

そんな雰囲気を察してか、
パパからこんなビデオが送られてきました。

運動不足にならない様、このビデオにそって動けば汗も出るからしっかり実行して!
ですって。

そして、

oku
安易に何でも買おうとしないで!!
と、ミニマリストの一言つき。