ニースでJCBカードが使えるお店はMONOPIRX(モノプリ)。

ニースでJCBカードが使えるお店はMonoPrix(モノプリ)。
他はほとんど無理なので、JCBカードで買い物したい場合はモノプリへ。

「このカードは使えません」
この表示を何度も何度もクレジットカード決済マシーンに表示されました。
JCBカードをニースで何度か試しましたが、殆どのお店で使用できません。

日本からの旅行でJCBカードを使おうと考えている方は要注意。
フランスではMasterやVISAがおすすめです。

 

JCBカードが使えるお店は?

ニースの中心にあるスーパーマーケットMonoPrix(モノプリ)。
モノプリではJCBカードが使えました。

ニースではJCBカードだけでは支払いができないので要注意。
スーパーやショッピングなら、物を入手できないだけで済みますが、
レストランで食事してからJCBしか受け付けないと言われるとハマります。
皿洗いを数日間させられる羽目になるかも。

フランスはカード社会(カルトブルー)

フランスはクレジットカードのカルトブルー(Carte Bleue)を推進してます。
ホントに1ユーロのコーヒーから使えます。
マルシェ(青空市場)でも決済可能。
これは小切手社会からの変換を狙っているから。

20年前は小切手で高額のものを払うのが普通でした、
定期購読も小切手を郵送して申し込む、
スーパーの長い列でも、のんびりと小切手帳を出して支払う、
そんな世界でした。
しかし小切手は偽造や、決済時間が長くなるなど、
忙しい時代にはマッチしなくなったので、
フランスはクレジット決済を推進したのでしょう。

極稀に、
「10ユーロ以下はカルトブルーを受け付けません」
というお店もありますが、ほんとうにまれです。

小切手がメインの時代を終えてクレジットカードの世界になっています。
フランスでは「クレジット」とは呼ばずに「カルトブルー」。

クレジットカードを作りにくい人のために、
デビットカード決済もとても普及しています。
MasterカードやVISAカードのデビットカード。

非接触系の決済、日本で言うSUICA、の決済も
MasterやVISAの非接触決済。

カルトブルーが決済の中心になっているのです。

JCBのカルトブルーは知っている限りでは見たことも聞いたことも有りません。

フランスでは、日本で普及が進みだしたバーコード決済を殆ど見ません。
中国からの旅行客も多いとは思いますが、
アジア地域に比べるとまだまだ少ないからと想像します。
爆買的な集団は見たことありません。

パリのラファイエットではJCBが使える

パリの高級デパート、Lafayette(ラファイエット)ではJCBカードが使えます。
旅行をサポートしてくれるJCBラウンジも有ります。

お土産屋をラファイエットで購入するにはJCBも使えます。
高額なお土産は、クレジットカードのポイントも大きいので、
ラファイエットに行くときはJCBカードを持っていきましょう。

フランス旅行にはMasterかVISAを必ず

フランスに行くときはMasterCardかVISAを必ず持ちましょう。
JCBだけだと支払いできなくて困る可能性あります。

私は持っていないので試していませんが、
ダイナーズカードやアメックスもフランスでは使えないこと多いそう。

中国の銀聯やAliPayもニースではあまり見かけません。