ミシュラン一つ星★ Les Terraillers(テライエー)@ Biot(ビオット)

ミシュラン一つ星のレストランLes Terraillers(テライエー)に行ってきました、美味しかった〜。

 

テライエーで8月の土曜日にランチ

早いもので、フランスに来てから6年になろうというのに、数駅先のBIOT(ビオット)に行くのは初めてでした。素敵な村にアートと、訪れるには十分魅力的ですが、何と言っても花より団子の私。近隣の美味しそうなレストランはどうしてもはずせないと、この日は村の訪問+1つ星レストランの”Les Terrailleurs”を予約しておきました。

ビオット駅に11時に到着したものの、事前に調べておいた夏季限定ビオット駅ー村中心行きナベットバスの停留所が見つかりません・・・しかも、駅自体、バカンス期間中は土日がお休みとのこと・・・。案内看板からすると駅前にバス停が有るのですが全く見当たりません。どうしよう、、、この日は運良く(?!)快晴で、直射日光が痛いほどです。到着したばかりというのに、息子がギプスをしている腕の不快感を訴え始めました。

こういう時に活躍するのがiphone!iphoneのgoogle地図でルートを探します。駅の次のバス停はマリンランド駅、駅周辺のバス停が見つからないので、そこまで歩くことにしました。目標があるって、素晴らしい!普段は、暑いのが苦手な私も、レストランの為と文句も言わず、バス停探しに勤しみました。着いたら絶対シャンパーニュだぜ!!と心の中で唱えながら・・・

マリンランドのバス亭は無事見つかりました。バス停の横に木陰を発見!助かった〜 バス停の説明を見ると、Biot村へ行くシャトルバスはBiot駅を通らずに手前のロータリーで折り返すことが分かりました。なるほど、バス停が見つからないわけです。10分ほど待って無事にバスが到着しました。小型の15人乗り程度の小さなバスでした。

(シャトルバス)

夏(7〜8月)以外は、10番バスでBiotの街まで行けます。国鉄(SNCF)の駅を降りて、左側に100mほど進むとBiot Villageへ向かうバス停があります。駅周辺に出ても見えませんので注意が必要です。

ビオットに行く際はSNCF駅で降りたあとはマリンランドのバス停まで歩くと間違いありません。

(Biotの夏のシャトルバスのWEBページ)

http://www.biot.fr/cadre-de-vie/les-transports/navette-ete/

(アンチーブから来る10番バス)

無事にテライエーに到着、暑い〜

ビオットヴィラージュの手前の駅でシャトルバスを降りようと、バスのSTOPボタンを押します。しかし停まってくれません。通常皆村まで乗車するからでしょうか、運転手さんが間違って押したのだと思い停まってくれませんでした。停めてとアピールして、バス停を少し過ぎた横断歩道付近で停めてくれました。するとレストランは目の前にあり、丁度良い場所で降りることに。もし、村まで行っていたら暑い中を下ってくることになったので停まってくれてよかった。。。

テライエーに入店

12時五分前にレストランへ。テラス席と室内席があります。室内はエアコンは有りますか?と聞くと、有りませんとのこと。風の通りそうなテラスを選び、一番暑くないと言われた日陰のテーブルに座りました。

テラスには葡萄の木が棚になり日光を遮っています。気持ち良い空気〜(しかし2時間後に暑さ最高潮)

シャンパーニュで乾杯⭐️

席につくと食前酒を聞かれます。フレンチ系の高級レストランではドリンクメニューを頂けません。頼めば値段を教えてくれますが、飲み物のメニューは無い店もあり、通常ソムリエかサービスの方が、あるものを口頭で教えてくれます。

星付レストランでは、このアペリティフの時間が楽しみで、シャンパーニュを飲みながら、何を食べようかと検討し、わくわくする一時です。シャンパーニュブランを注文したら、DEUTZでした。

シャンパンを飲みながらメニューを眺めます。ランチは43ユーロ(ワイン込みで54ユーロ)、デクーベルト(発見)メニューが85ユーロ、自然メニューが75ユーロです。結局、美味しそうなメニューの多いデクーベルトメニューを選択しました。

 

テライエーのコース料理

アミューズ・ブーシュ

トリュフ味のムースに、クルジェットのスープが注がれ、真ん中に穴が空いています。フワフワのムースにトリュフの風味が効いていて美味、クルジェットのスープも濃くがありながらも冷たく、なんとも言えず美味しい!自分では作らないものを食べられる幸せな時間〜

 

 

合わせたワイン(ソムリエさんのセレクト)

 

前菜

テナガエビの冷製と温製。頭はキャビアを付け合わせの冷製、体はスイカを炒めたものに載せた温製。両方共美味しいです、コレだけでレストランを訪問した価値がありました。

 

前菜に合わせた白ワイン(ソムリエさんの選択)

日の入れ具合が絶妙な魚でした

肉はレアで注文しました。美味しいですが、スペシャルな感じはしませんでした。美味しい普通のステーキです。今まで来たメニュー全てが、これぞ星付き!という感じがしていたので、ちょっと正気に戻ってしまった、かな。加えてテラスがサウナの様な暑さになってしまったのと、このお肉のソースが甘い為か大きな蜂が2匹、食べ終わるまでぶんぶんと離れず、大変でした。

付け合せの茄子とスライスした乾燥牛肉がスペシャルと言えばそうかな。

 

肉に合わせたワイン(ソムリエさんのセレクト)

チーズ

デザート

このデザートは絶品でした。いちごを使った、シャーベット、ムース、スフレの三種類です。

 

コルシカのデザートワイン(ソムリエさんのセレクト)

 

食後の飲み物

数種類もの鉢植えのハーブが運ばれてきました。お好きなブレンドをどうぞとのことで、相方には、体に良さそうなタイムシトロン・ローズマリー・ヴェルヴェーヌで作ってもらいました(私はエスプレッソですが)。

ここで大発見!この生葉ハーブティー、もう目から鱗!という味で、乾燥ハーブで入れるハーブティーとは全くの別物なのです。あまりに美味しいので、帰ったら早速この3種類の地植えを手に入れ、自宅で育てよう!と思いました。

 

お菓子

最後のお菓子です。コーヒーケーキ、ピスタチオのケーキ、チョコケーキに、マシュマロと盛り沢山!全て美味しい。

テライエーはオススメです

素晴らしい料理でした。肉だけは少し普通でしたが、他のお皿は絶品でした。南フランスに来られた時はぜひ訪問してください。エアコンが無いので暑い日に行くことだけは避けたほうが・・・。今回の訪問時は3組だけのお客さんでした。

 

レストランのホームページ

http://www.lesterraillers.fr/

 

ビオットの町並み

昔の城壁内の街です。歩くのは大変ですが自動車も通らず静かな街でした。